陶芸教室

陶芸教室について

plate-flower-hp-001.jpg

教室のこと

陶芸教室は2000年にアクティブGが運営していたTAKUMIアカデミーの1講座として始まり、
2009年にアカデミーがなくなったことにともない、独立し、現在に至ります。

教室は2013年に拡張され、ロクロの数も増え、釉薬や土の種類もどんどん増え、
今では釉薬だけでも40種類を越えます。19年夏には名古屋市(東区)にも教室ができる予定です。

陶芸は土を焼くことによって、初めて作品として完成されます。
館内には大型の陶芸窯2基と小型の物が1基ありますが、
設備以上に大切なことは、受講生の方々がどういった作品を望まれているのか、
あるいは陶芸をすることで何を求めていらっしゃるのかを理解し、
作ること、焼くことの、楽しさや難しさを通し、
美術の持っている力を皆さんに感じていただくことだと思っています。

美術も音楽や文学と同様に、生活や人生に何かを与えてくれる存在だと思いますので、
教室運営を通し、受講生の皆さまの生活や人生のお役に立てればと考えております。

とは言え、技術的なことが分からなくては制作ができないのも事実です。

陶芸を全くやったことのなかったOLさんや主婦の方々、
建築家、グラフィックデザイナーなど美術関係のお仕事をされてる方。
働き盛りの男性陣や、お仕事を終えられ余暇の時間が多くなった方々。
物作りが大好きで、クラフトマーケットなどで作品を販売されている方々など、
とても沢山の皆様に通って頂いております。

スタジオレコードでは皆さまがそれぞれのペースで、様々なスタイルの陶芸を楽しんでいただけるよう
講師、スタッフ一丸となり制作のサポートに努めております。

rokuro-hikari001.jpg

kyousitu_view1.jpgのサムネイル画像

駅の中とは思えないほどの充実設備

釉薬や粘土の種類の多さ、石膏型の数は名古屋・岐阜エリアで一番だと思います。

基礎的な道具類は全て教室に揃っています。

IMG_7962.JPG
kilns001.jpg

初心者の方にも不安なくはじめていただく為に、
スタジオレコード、オリジナルのカリキュラム・ノート(基礎〜中級)もご用意しております。
curriculum-note-3.jpg

陶芸教室・定期講座、3回チケットコース、体験講座 各講座のご案内。

今までには、ぴあ中部版、中日新聞、岐阜放送(ぎふチャン)、KELLY、aunなど、様々な雑誌やメディアの取材も受け、掲載されております。

講師は全員、国公立の美術大学で陶芸やデザインの勉強をし、全国で活躍する陶芸家です。
ニューヨークや東京、またアジア各国でも作品発表を重ねる現代陶芸家から、
日本伝統工芸会正会員の、古典的スタイルを継承する作家まで幅広いタイプの作家が在籍しております。
しっかりとした技術と知識を持った作家たちがみなさまの作品作りをサポート致します。

釉薬・設備・講師プロフィールのご紹介

講座開講時間には、教室の見学もできますのでお気軽にお問い合せ下さい。

glazesample-bowl-hp-MGgreen.jpg