WOOD

講師プロフィール

常勤講師
IMG_4880.JPGのサムネイル画像

輪竹 剛

東京の大学を卒業後、UR都市機構に勤務し東京や名古屋などで街づくりや住まいづくりなどに従事。
その後、岐阜県立森林文化アカデミーで木工を学ぶ。
現在、木工品製作とともに「体験知」の重要性を伝える活動を岐阜を中心に東京などでも行なっている。

岐阜県森林文化アカデミー 卒業
宅地建物取引主任者試験 合格

伐木作業従事者特別教育 終了
刈払機取扱作業者安全衛生教育 終了
ぎふ木育指導員 認定

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
「講師からのメッセージ」

私の祖⽗は、「ポツンと⼀軒家」のような⼭の中で、炭焼き名⼈として暮らしていました。

祖⽗は、何もない⽥舎でもいろいろな道具を⾃作⾃⽤して豊かに暮らす術を⼼得ていまし

た。祖⽗とともに⼭に⼊った幼少期の原体験が、私にも残っています。

現在、私たちの⾝の回りは、⼤量⽣産・⼤量消費社会のなかで作られたモノで満たされて

います。しかし私は、幼少期の原体験で垣間⾒た⾃作⾃⽤の実践によって、⾃ら時間をかけ

て、⾝の回りの環境を整えていくことにこそ、本当の豊かな⽣活をつくりだせるのだと思い

ます。

私はこれまで、街づくりや住まいづくりを業とする企業に勤めてきました。私の信念は、

⾃らその街や住宅に住まい、暮らしを実践する中でこそ、その街や住まいの環境を改善する

企画が⽣まれる、ということでした。このような信念でサラリーマン⽣活を約20年続けま

したが、3年前、豊かな⽣活を企業でなく⾃ら作っていきたくなり、岐⾩県⽴森林⽂化アカ

デミー⽊⼯専攻学⽣に転⾝しました。アカデミーでは⽊⼯の技術だけでなく、⾃作⾃⽤⽣活

の本当の豊かさも学ぶことができました。

スタジオレコード⽊⼯講座では、皆さんと⽊⼯を通して、豊かなモノづくりを楽しく実践

していくことができればと考えています。

輪竹剛


watake-works001.jpg





-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

特別講師
豊田photo.jpg
豊田昌久(愛知県立芸術大学 デザイン・工芸科卒業  現・愛知県立芸術大学 木工指導員)
恵那の大橋&パートナーズデザイン工房で家具や2×4などの木工を学び、その後、kataha(旧meilo)、白半木材株式会社に勤務し、2012年より現職。

IMG_4882.PNG

IMG_4883.PNG

IMG_4884.PNG
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


山浦吉承( 金沢美術工芸大学 工業デザイン専攻卒業 1級椅子張り技能士
大塚製薬(株)家事事業部デザイナーとして勤務後、富山県の工房にて家具職人として家具などを制作。現在、有限会社オーツーファニュチャー勤務。

橦木町アトリエ